So-net無料ブログ作成

Fender Custom Shop Master Built Jeff Beck Stratocaster N.O.S Olympic White by Todd Krause [音楽]

JB-full.jpg

結構思い切って購入に踏み切ったこのギターがウチにやって来てそろそろ半年になります。

元々は長いこと新しいギターを買っていなかったのと、30歳を超えたメインを休ませてあげたかったのが主な理由ですが、機種選びの際に考えたのは…

とにかくストラト系であること、ビンテージ系のルックスも格好良いし、すごく好きなんだけど、使い勝手優先。
とは言え、ちょっとはルックスにも拘るので、HSSレイアウトとか、フロイドローズとかは無し。
あと、いい年こいたオッサンなので、ちょっとお高めの価格でもOK。

で、候補を挙げていくとフェンダー・カスタムショップ製品とか、Suhrとか。
でも、Suhrはよく知らないのでカスタムショップ製品を調べてみると、言わずと知れたJeff BeckモデルとCustom Deluxeあたりが良さそうな感じ。
価格はカスタムショップ製が45万くらい、マスタービルダー製品は80万くらい。
勿論、高価だし、かなりビビって使わなければいけないような気がするので、気兼ねなく使えそうな程度の良い中古もOK。

特にヤフオクには時々コレクターの方がほぼ新品を出品していたりするので、アラートを設定して日々チェック。
落札の相場は通常のカスタムショップ製品が20~25万、マスタービルダー製品だと30~40万くらい。
入札で熱くなると後悔しそうなので、カスタムショップ製は23万、マスタービルダー製は35万までと考えて何回か入札するものの、程度の良い物はライバルも多く、なかなか落札できない。

そんなある日、某楽器店のサイトで6月30日までの限定特価で今回購入した個体が販売されていた。
その時点は定価の約2割引。無茶苦茶悩んだけど、やっぱしこの価格のギターを普段使いは出来無さそうだと判断して断念。

で、以前のブログでも書いたとおり、楽天市場やデジマートと言ったネットモールでのフェンダー製品の販売が禁止される直前の8月末に件のギターが8月31日の店舗営業時間限りの限定で定価の3割引で販売されていた。
※後日、デジマートへの掲載は許可されたみたいです。

他のモールや、その楽器店の通販サイトでは2割引だったので、まさにデジマート扱いのみの特価!

因みにカスタムショップ製のJeff Beckモデルの定価は税込67万円ほど、そして9月1日以降はそこから1割引に限定されるので、60万で販売されるはず。

つまり、今のタイミングならマスタービルダー製が通常のカスタムショップよりも安く購入可能って事。
居ても立ってもいられず楽器店にメールをして山野楽器扱いの製品であることを確認し、注文してしまいました。

購入したギターのスペックは以下のとおり。

Body: Alder 2Piece, Urethane
Neck: Maple, Jeff Beck C-Shape, Thin Urethane
Fret: 22 Medium Jumbo Frets
Fingerboard: Indian Rosewood, 9.5" (24.1 cm)
Width at Nut: 1.6875" (43 mm)
Bridge Pickup: Dual-Coil Ceramic Hot Noiseless Pickup
Middle Pickup: Dual-Coil Ceramic Hot Noiseless Middle Pickup
Neck Pickup: Dual-Coil Ceramic Hot Noiseless Neck Pickup
Pickup Switching: 5-Position Blade
Bridge: Jeff Beck Strat
Nut:Wilkinson
Tuner: Sperzel

重量:3.61kg

JB-head-ura.jpg
ヘッド裏のシール

10249.jpg
認定証
2014年8月22日の日付が見えます

外見上、通常のカスタムショップ製品との違いはナットがLSRからウィルキンソンに変わっていることと、それに合わせてペグが高・低の2種類になっていることくらい。
(LSRの場合は高・中・低の3種類。)
ご存じの方も多いとは思うけど、このウィルキンソンのローラーナット、設計ミスによるものか、開放弦の音がビビリます。
機能とか、精度という意味ではLSRのほうが数倍上かもしれません。
また、ナット部分の摩擦抵抗が少ないからかチョーキング(今は外国と同じくベンドって言うんですか?)の時のテンションが柔らかく感じます。

このギター、重量が3.61kgとストラトにしてはちょっと重めですが、重量バランスが良いのか重くは感じません。
そして、生音が大きい。
94年製のフェンダージャパンより明らかに生音が大きく、83年製のオーダーストラトと較べても遜色ないくらい鳴ります。

特筆すべきはネックとフレットの処理。
こんなに綺麗に処理されているギターは初めてです。
そして、何故かは分からないけど、初めて抱えた時に全く違和感無く、ずっと手元にあったギターのように弾けてしまったのにはびっくりした。

普段(とは言ってもギターを購入するのは20年数振り)は新しいギターを買うと一旦全部のパーツをバラしてみるんですが、流石に今回は怖くてやってません。

お店が出荷前にフェンダー標準のセッティングをしてくれていたけど、自分の好みよりもかなり弦高が低かったので、弦高を上げたのと、ピックアップの出力が大きいのでこちらは高さを下げています。
※最初にスタジオに持ち込んでマーシャルのJCM2000 DSL-100で鳴らした時に(アンプは基本クリーンセッティングです)エフェクターで歪ませて上の方のポジションで弾いた時に音がサチっている様に感じました。

アンプからの出音に関しては、普通のシングルコイルのように中高域にピークがある感じではなく、どちらかというとフラットかな。
でも、明らかにシングルコイル系の音です。

ピックアップはどのポジションでも使えます。
(リアはちょっとトーンを触ってやる必要はありますが…)

実は購入後もヤフオクやデジマートを定期的に見ていますが、ヤフオクは出物が減り、デジマートでの価格は上がっており、以降、食指が動く物には出会えていないので、思い切って買った価値は充分あると思っています。

これから長く付き合っていくことになりますので、それなりに大切に弾き込んで行きたいと思っています。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。