So-net無料ブログ作成
外転神経麻痺 ブログトップ
- | 次の10件

眼科を受診 [外転神経麻痺]

2015年1月上旬
眼科では視力検査から始まり、様々な検査を受け、医師の診察を受けた。
結果、左右それぞれの眼自体は視力もちゃんと出ているし、問題は無いが、左眼を動かす筋肉に障害が出ているとのこと。
眼と言うのは6つの筋肉で動く様になっているらしいのだが、自分の場合はその中の眼を外側に動かす働きをする【外転筋】に指示を出す神経に障害が出ているため、眼(黒目)を外側に動かすことが出来なくなり、結果として左右の眼でモノを一つに見ることが出来なくなる【複視】という状態になっているらしい。

原因としては、脳腫瘍や脳梗塞、外傷(衝撃)などがあるが、後は原因を特定できない事もよくあるらしい。
治療に関しては、直接の原因が無い場合、時間が経過すれば治るとのことで診察終了。
治癒までの期間に関しても早くて1~2ヶ月くらいと言われる。

後日、医師ではないが、別の大学病院の眼科に勤務している友人に訊いてみた。
勤務医の方に相談してもらったところ、症状からやはり【外転障害】で神経系の麻痺だと治療方法は特に無く、安静のみ。
症状がツラかったら眼帯をして片目で見るのもアリとのことだった。

そして治癒までの期間は半年程度らしい。

この時は2~3ヶ月の我慢って思ってたんだよなぁ・・・

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

なんかおかしい [外転神経麻痺]

2014年12月28日に、とある病気で緊急入院することになり、収容されたのは6人部屋の病室。
しかも、自分の場所は3人並びの真ん中で、四方を壁とカーテンで囲まれている。
基本、寝たきりなので本や携帯は身体の右側を下にした状態になり横目で見ていた。
数日が経過し、何となく物が見えにくいように感じるようになっていたが、40度近くの高熱がずっと続いていたので、ちゃんと障害を認識できるまで時間が掛かってしまった。

少し熱が下がってきた頃にちゃんと確認してみると、世の中のモノが全て二重に見える様になっていた。
普通に見えるのは顔の正面よりちょっと右寄りの一部分だけ。
その時は「横目で見ていたからそうなったのかなぁ?」なんて思っていたのだが、どちらにしてもこれでは都合が悪いので、看護師に相談して眼科を受診することにした。
(入院先は大学病院なので、ほぼ全ての診療科目が院内にある)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

眼の外転神経麻痺 [外転神経麻痺]

ご無沙汰です。

実は2014年の暮れから2ヶ月以上の期間、入院をしていました。
入院の原因(?)となった病気に関してはまだ完治していないこともあり、ここで書くことは避けようと思っていますが、入院中に発症した別の病気について記録しておこうと思います。

それがタイトルにもある外転神経麻痺です。
現在は、ほぼ症状も治まってきていますが、この病気についてはネットでも患者の立場での情報が少なく、かなり悩みました。
個人差はあると思いますが、少しでも同じ病気の方の参考になればと考えています。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
- | 次の10件 外転神経麻痺 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。