So-net無料ブログ作成

悩んでます・・・ [音楽]

20年振りくらいに新しいギターを買おうと思ってます。
でも、とっても悩んでます。

候補はすでに決まっていますが、このギターには【松】【竹】【梅】が存在します。
(分かる人には分かりますよね)

人生最後のギターになる可能性が高いから【梅】は考えていません。

肝心の価格は新品の場合、
【松】は一番安い軽自動車の新車が買えるくらいの価格です。
【竹】は250ccのバイクが新車で買えるくらい。

そして中古のオークションでの相場は
【松】が30~40万円(急に具体的な価格・・・)
【竹】が20~25万円くらい。

で、【松】の程度が良い物なら35万円位まで出しても良いかなと思い、春先からオークションに程度の良い物が出るのを待っているんですが、先日、ふと見た楽器屋さんのサイトで【松】の新品が特価で出ているのを見つけてしまいました。

今回の特価は市場価格から約2割引。

それでも楽器を弾かないフツーの人から見れば
「ギターにそんなお金を出すなんてアタマおかしいんじゃない?」
と思われるかもしれない価格ですが、市場価格から考えれば格安と言っても良い価格。

しかも、そのブランドの日本の代理店が、この春からこのブランドの日本法人に代わってしまった。
(旧代理店は長年このブランドの輸入代理店を努め、非常に厳しい品質管理で定評がありました)
そして、この商品は旧代理店扱いのモノ。

この商品にこの金額を払うこと自体は良いんだけど、問題はここから。
この金額を払った楽器を自分が普通に使えるかと言うこと。

自分は楽器の扱いが荒い方ではないと思っているが、それでも弾いていればスリ傷は付くし、スタジオなどに持ち出せば、いつかどこかにぶつけるのは確実。

でも、自分はコレクターじゃないから、そのままケースに入れて仕舞いこんでおくなんて絶対に嫌。
(と言うより楽器に対して失礼ですよね)

かと言ってコワゴワ弾くなんてのも嫌。

こう言うギターを買う人って、どうやって楽器を扱うのかなぁ・・・
やっぱし中古を買って気兼ねなく使うほうが良いのかなぁ・・・

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

鍼灸、効果あり? [外転神経麻痺]

3月中旬~4月中旬

1週間に2回のペースで鍼灸院に通院。
自分の場合、治療直後よりも翌朝に効果が出るようで、症状は徐々に改善してきている。

で、どのように変わるかというと、正しく見える距離が少しずつ長くなっていく。
最初は正常に見える距離が70~80cmだったのが、座った時の膝くらいまで→足元まで→トイレの中は大丈夫→お風呂の中なら大丈夫という感じ。

但し、テレビの画像は苦手みたいで、テレビの枠に付いているメーカーロゴは1つに見えても、画面は複視全開。
テレビ画面の中は実物ではなく電気的に映しだされている虚像なので、何か違うのかもしれない。

早く普通にテレビが見られるようになると良いな。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

鍼灸治療へ [外転神経麻痺]

3月中旬

複視の症状は、ほんの少しずつは良くなっている気がするが、まだまだ正常には程遠く、日々の生活も不安だらけだ。
但し、医師から装具を着けての歩行許可が出て、松葉杖に頼れば電車には乗れそうだ。

自分のように直接的な原因がない外転神経麻痺の場合、西洋医学では服薬以外の治療方法は無さそうなので、この際 東洋医学にも頼ってみることにした。
【複視 鍼灸】などのキーワードで検索をかけると鍼灸治療で複視が改善する事もあるらしく、幾つかの鍼灸院のサイトもみつかった。
その中からある程度通いやすく、信頼できそうな鍼灸院を絞り、予約を入れて訪問した。

鍼灸院では、問診の後、脈拍と舌診、複視の状態を確認し、治療に入る。
こちらの鍼灸院では眼の症状とはいえ、眼の近くに鍼を打つのではなく、頻繁に脈と舌の色を確認しながら、肘や手首、膝、足首などに鍼を打っていく。
もちろん、首の後ろ側にも打つのだけど、どちらかと言うと四肢が中心。

約1時間の治療後、複視の症状を確認するが、あまり変化は無し。
とは言え、先生も信頼できそうだし、今のところ鍼灸治療に頼る以外はないので、暫く治療に通ってみることにした。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ちょっと改善? [外転神経麻痺]

2月下旬
服薬に加え、勝手に目の運動を始めたところ、ごく近い範囲だけ1つに見えるところが出てきた。
とは言え、目の前20cmくらいのごく狭い所だけで、あとは複視全開中。

3月上旬
一旦退院し、自宅療養となったので、入院のストレスから開放されて複視も快方に向かうかと思っていたのだが、なかなかそうも行かないようだ。
但し、普通に見える範囲は少しだけ広がり、顔の正面で30~40cmの距離までなら見えるようになってきたので、携帯やタブレットは何とか両目で使えるようになる。

3月中旬
普通に見える範囲が70~80cmの距離になる。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

経過など [外転神経麻痺]

2015年1月下旬
発症から1ヶ月くらい経過するが、症状はどちらかと言うと悪い方に向かっている。
発症当初、ごく狭い一つの方向だけは普通に見えていたのだが、今は普通に見えるところが皆無。
外見上も左の黒目が完全に内側に寄ってしまっている。
とにかく眼を開けているのがツライので、眼帯を使うことにした。

入院している診療科と病棟の変更に伴い、新しく担当になった形成外科の先生から神経内科受診を勧められたので受診する。

それに伴い、頭部のCTとMRI検査も受けることとなった。
結果、脳には全く異常無し。

但し血液検査の結果、血液中のビタミンB1欠乏が見られるということで、ビタミンB1製剤(アリナミンF25mg)の投薬を受ける。
それに加え、約2週間後からビタミンB12製剤(メチコバール)も投薬される。

そして、この病気について色々と調べてみる。

キーワードは【複視】【外転筋】【外転神経麻痺】などなど。
それに【リハビリ】【治療法】【期間】と言った言葉を組み合わせてネットで検索するも、医師の立場からの情報しかなく、どういった経過で治癒に向かうのか、何か自分でできることが無いのか、経験者のブログといった情報がほとんど出てこない。

この頃、一番知りたかったのが、どのような経過を辿って治癒していくのかということ。
発症した時のように、ある朝 起きたら突然治っているのか、徐々に治っていくのか、そして見え方はどうなっていくかということ。
でも、そういった情報は皆無なので、今後、自分の経験を基に、経過を書いていきたいと思います。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

眼科を受診 [外転神経麻痺]

2015年1月上旬
眼科では視力検査から始まり、様々な検査を受け、医師の診察を受けた。
結果、左右それぞれの眼自体は視力もちゃんと出ているし、問題は無いが、左眼を動かす筋肉に障害が出ているとのこと。
眼と言うのは6つの筋肉で動く様になっているらしいのだが、自分の場合はその中の眼を外側に動かす働きをする【外転筋】に指示を出す神経に障害が出ているため、眼(黒目)を外側に動かすことが出来なくなり、結果として左右の眼でモノを一つに見ることが出来なくなる【複視】という状態になっているらしい。

原因としては、脳腫瘍や脳梗塞、外傷(衝撃)などがあるが、後は原因を特定できない事もよくあるらしい。
治療に関しては、直接の原因が無い場合、時間が経過すれば治るとのことで診察終了。
治癒までの期間に関しても早くて1~2ヶ月くらいと言われる。

後日、医師ではないが、別の大学病院の眼科に勤務している友人に訊いてみた。
勤務医の方に相談してもらったところ、症状からやはり【外転障害】で神経系の麻痺だと治療方法は特に無く、安静のみ。
症状がツラかったら眼帯をして片目で見るのもアリとのことだった。

そして治癒までの期間は半年程度らしい。

この時は2~3ヶ月の我慢って思ってたんだよなぁ・・・

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

なんかおかしい [外転神経麻痺]

2014年12月28日に、とある病気で緊急入院することになり、収容されたのは6人部屋の病室。
しかも、自分の場所は3人並びの真ん中で、四方を壁とカーテンで囲まれている。
基本、寝たきりなので本や携帯は身体の右側を下にした状態になり横目で見ていた。
数日が経過し、何となく物が見えにくいように感じるようになっていたが、40度近くの高熱がずっと続いていたので、ちゃんと障害を認識できるまで時間が掛かってしまった。

少し熱が下がってきた頃にちゃんと確認してみると、世の中のモノが全て二重に見える様になっていた。
普通に見えるのは顔の正面よりちょっと右寄りの一部分だけ。
その時は「横目で見ていたからそうなったのかなぁ?」なんて思っていたのだが、どちらにしてもこれでは都合が悪いので、看護師に相談して眼科を受診することにした。
(入院先は大学病院なので、ほぼ全ての診療科目が院内にある)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

眼の外転神経麻痺 [外転神経麻痺]

ご無沙汰です。

実は2014年の暮れから2ヶ月以上の期間、入院をしていました。
入院の原因(?)となった病気に関してはまだ完治していないこともあり、ここで書くことは避けようと思っていますが、入院中に発症した別の病気について記録しておこうと思います。

それがタイトルにもある外転神経麻痺です。
現在は、ほぼ症状も治まってきていますが、この病気についてはネットでも患者の立場での情報が少なく、かなり悩みました。
個人差はあると思いますが、少しでも同じ病気の方の参考になればと考えています。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

携帯電話買い替え(実行編) [お買い物]

実はアップルストアのウェブサイトに予約を入れたのは9月17日の深夜。
その時点では納期まで3~4週間となっていたので呑気に構えていたのだが、ある日を境に納期がどんどん縮まり、遂には28日に届くとのメールが来た。

平日は機種変更をしにいく時間は取れない可能性があるので、午前中に届くようなら午後に機種変更を済ますことにした。

ただし、その前にやらなければいけないことが…
auでの機種変更について調べていると、たまたまMNP引き留めの対応として、期間限定のポイントやクーポンが発行される事があるらしい。
自分には11月末まで使用できる1万円引きクーポンが来ていたが、自分より長期間auを使っているカミさんにそういった類のクーポンが来た覚えがない。

と言うことで、auの総合案内に電話をしてみた。

電話に出た女性にMNPの番号の発行をお願いすると、事務手数料等の説明をされた上で転出の理由を尋ねられたので、「今回は家族2人で携帯の更新をするので、MNPした方が得になる。」と返答すると、自分には1万円分のクーポンが出ていて、カミさんの分も10月末まで有効な1万円引きクーポンを新規に発行するとの事。
噂だと、粘れば3万円とか、1万5千円だとかのクーポンが出るなどとあったが、面倒なので先方の申し出通りで承諾した。

ほんの5分ほどの電話で1万円引きクーポンを入手できたんだから十分。

そして、お待ちかねのiPhone6はお昼前に届いた。

カミさん分のクーポンは数日中にメールで送られてくるらしいので、自分の機種変更と同時に予約することにして、某家電量販店に向かう。

量販店で店員さんを捕まえて機種変更を依頼する。

相変わらず携帯の料金プランは分かりにくいが、通話は殆どしない事を伝えた上で、月々の通信料を踏まえてプランを決めてもらった。
iPhone5sの本体価格は55,000円程だが、クーポンと貯まっていたポイントを使ったので、支払いは34,000円ほど。手持ちのiPhone4sも24,000円で下取ってくれるとのことだが、購入と同じ店舗なら後日ポイント還元で引き取ってくれるらしいので、今日は持ち帰る事にした。

開通までに1時間ほど掛かるというので、カミさんのiPhone6の予約も済ませて、暫く時間を潰す。
後は、無事5sを受け取って帰宅する。

帰宅後、5sからナノSIMを抜きiPhone6に挿すと、何もせずに使える。
その後、iTunesに取ってあったバックアップからデータを読み込ませて完了。

iPhone6-mod.jpg
左がiPhone6 右がiPhone5s

まだ、5sは売却していないが、プラス2万円程度でSIMフリー+国内キャリア利用が出来るなら、海外へ行く予定がある人はお勧めかも。

※10/9追記
5sはオークションで42,000円ほどで売れました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

iPhone6 SIMフリーを国内キャリア契約で安く使いたいぞ [お買い物]

自分が使っている携帯は、だいぶ前に購入したauのiPhone4s。

最近は動作がかなり遅くなってきて、時々アプリが突然落ちる事があったりするので、iPhone6発売を期に買い替えることにした。

しかも、今回はアップルストアでSIMフリー版が同時発売される。

自分は頻繁に海外へ行くわけではないけど、行く度に2週間ほどは滞在するので、やはり滞在先での通信費を考えると現地でSIMを購入するのが一番安上がりになる。
従ってSIMフリー版を購入するのが良いと考えた。
普通ならMVNO事業者の格安SIMを買って使うケースが多そうだけど、一応 電話番号とキャリアメールも残したい。

今回はカミさんも携帯を買い替えたいと言うので、2人でMNPをすることも考えたのだが、ポイントも10000ポイントほど残っているので、機種変更で行くことにした。

普通にやるのならアップルストアでSIMフリー版を購入して、auに持ち込み機種変更と言う流れになるのだが、これだとauで機種を購入した場合に適用される毎月割の恩恵が受けられない。

色々と調べてみると、こういうことをしている方を見つけた。

なるほどと思い、自分なりに考えてみた。

まず、普通に端末持ち込みで機種変更を行うと、手数料が3,000円、そして月々の料金は6,900円くらい。
どちらにしても手数料は掛かるので除外して計算すると、2年間に掛かる費用はiPhone6 64GBの端末代金86,184円+(6,900円×24)=251,784円となる。

で、先の方を参考に、こう考えてみた。

iPhone5とiphone6のSIMは同じ、そして先人達のお陰でiphone6のSIMフリー版に5のSIMを挿してそのまま使えることは実証済み。
そして、iPhone6の発売でiPhone5sの端末価格は16GBで55,080円に値下げされているにもかかわらず、オークション等では平均40,000円ほどで取り引きされている。

そこで、自分の作戦をこのように組み立てて費用を計算してみた。

①アップルストアでiPhone6 64GB SIMフリー版を購入。
②auでiPhone5sの16GBに機種変更。
③iPhone5sのSIMをiPhone6に挿して使用。
④iPhone5sは使用せずに売却。

掛かる費用は
①86,184円
②55,080円(プラス機種変更優待10,000円引きクーポン有)
④-40,000円
そして、2年間の通信費が(6,900円-2,160円)×24=113,760円

結果、86,184円+45,080円+113,760円-40,000円=205,024円となり、単純にSIMフリー版を持ち込んで機種変更した場合よりも50,000円ほど安くなるはず。

ちなみに、auでSIMロック版iPhone6に機種変更をすると…
75,320円+(6,900円-2,410円)×24=183,080円
となるので、実質プラス22,000円ほどでSIMフリー版を使えることになる。

よし、この作戦で行くことにしよう!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。